Jarinko Chie – じゃりン子チエ

112,298 views

Jarinko Chie
Tác giả: Haruki, Etsumi
ストーリー
チエは通天閣の見える街に住む小学校五年生の女の子。昼は学校へ行き、夜はバクチとケンカに明け暮れるアホおやじのテツにかわって、家業のホルモン焼き屋を一人で切りもりしている。チエの家の近所には、本気になったらテツより強い祖母のおバァと気の弱い祖父のおジィが住んでおり、家には小鉄という猫がいる。チエの一番の楽しみは、テツと別居中の母ヨシ江と会うことだ。しかし、二人が秘密で会っていることをテツはウスウス感づいており、それを心良く思っていない。テツのバクチの借金を取りに来た遊興倶楽部の社長は自慢の猫アントニオを小鉄にしかけるがあっさりとやられてしまった。数日後、愛猫を失いショックの社長は改心してお好み焼き屋を開き、テツもそこの用心棒の仕事にありつく。